関門海峡花火大会(第35回)

山口県下関市/福岡県北九州市 関門海峡

花火情報サイト HanaBeat
関門海峡の両岸で上がる九州最大級規模の15,000発の花火大会
関門海峡を挟んで下関側と門司側、2カ所の海上台船から打ち上がる花火大会です。各会場で7,500発の花火が打ち上がり、下関会場では水中花火や一尺五寸玉の2連発打ち上げが行われ、門司会場では大玉連発のプログラムが打ち上がります。また、ライトアップされた関門橋と花火の組み合わせも楽しむことができます。昭和60年に下関側で花火大会が始まり、昭和63年からは門司側でも開催。二市合同での開催は今年で35目となる花火大会です。

火打ち上げ情報

大会名 第35回 関門海峡花火大会
テーマ 信じる者たちの信じる場所で。
打上げ発数 15,000発
最大号数 15号玉(一尺五寸玉)
混雑指数
開催日時 2022年8月13日(土) 19:50~20:40
雨天荒天時 雨天決行、荒天時中止
打上げ場所 山口県下関市 あるかぽーと / 福岡県北九州市門司区 西海岸埋立地
アクセス [下関会場] JR下関駅から徒歩20分
[関門会場] JR門司港駅から徒歩5分
駐車場 駐車場なし
観覧席 有料観覧席のみ
花火業者 過去実績: ワキノアートファクトリー(福岡県) 紺箭銃砲火薬(山口県)
ホームページ 下関側:下関21世紀協会 関門海峡花火大会ページ
門司側:関門海峡花火大会 公式サイト

ち上げ会場の地図

山口県下関市 あるかぽーと / 福岡県北九州市門司区 西海岸埋立地

火会場の風向きと天気予報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。